コンサルティング事例

コンサルティング事例

ターゲット戦略を見直し既存市場の競争回避と希少化した介護理念の設定

Case1

名古屋市守山区
住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム

課題

オープン半年で経営収支の悪化を招く。単的な要因としては入居者不足による収支の悪化が原因であったが、現状の課題を抽出した結果、有料老人ホームを経営していく上での経営スキーム・戦略の不足が浮かび上がる。また、もともとのコンセプトが建物の構造やスタッフの技術と嚙み合わない部分があった。

コンサルティング内容

まずは、入居者不足の要因を鑑みてターゲットの選定を見直した。指導内容として既存市場の競争回避を行うために、現在一番需要のある介護度クラスの入居者に的を絞り、営業とウェブ対策を集中して行った。また、スタッフの技術不足を補うために、入居者の要介護度ミックスから見直し、無理のないオペレーションができるようにもした。
その結果、指導から1ヵ月で満床、3ヶ月で人件費率の抑制に成功、現在は50%を切る人件費比率と入居者は常に満床で安定経営となった。

お客様の声